トップページ >  主にDHAの健康効果 >  記憶力・学習能力の向上

頭がよくなるDHAの効果

DHAという成分が日本で知られるようになったのは、1989年のことです。


DHA研究の世界的な権威であるイギリスのマイケル・クロフォード博士がその著書のなかで「日本人の子どものIQが高いのは魚を食べているからではないか?」と記していてそれがマスコミを通して大々的に発表されたんですね。


日本でも力水というDHA入りの清涼飲料水が発売されるなどちょっとしたブームになりましたよね。ブームはすぐに終わりましたが、現在DHAは、ブレインフード(脳の働きをよくする栄養素)として最も有名な成分であることは間違いありません。


ちなみにブレインフードにはDHAのほかには


・イチョウ葉エキス
・大豆レシチン
・ホスファチジルセリン
・ギャバ


などがあり、DHAと一緒に摂取することで相乗効果もありますから頭をよくしたい!記憶力を高めたい!と思っている方は合わせて覚えておくといいと思います。

DHAは記憶力を高めてくれる

そもそもDHAがなぜ頭をよくする成分といわれているのかというと、DHAが脳の中に集中して豊富に含まれている成分だからです。


DHAを摂取すると何よりまず優先的に取り込まれるのは脳です。脳の入り口には「血液脳関門」というものがあり、ここで脳に必要な物質とそうでない物質がふるいにかけられます。


DHAはこの「血液脳関門を通過できる数少ない物質のひとつなんです。同じオメガ3系の脂肪酸であるEPAは通過できません。


脳内に入り込んだDHAは、細胞膜を柔らかくして、シナプスを活性化して脳の伝達性を高める働きがあります。よく頭が固いとか柔らかいといいますが、文字通りDHAは頭を柔らかくしてくれるんですね。


さらに、脳のなかでも記憶の機能を司るといわれている「海馬」といわれる部分においてDHAが脳のほかの部位に比べて2倍以上存在しています。


そのため脳力のなかでも特に記憶力にかんしてDHAは重要な役割を担っていると考えられていて、実際にラットやマウスを使った数多くの実験からDHAの記憶力を高める効果が立証されています。

DHAを摂取すると知能指数が向上する。

【イギリスのルーカス博士の実験】


体重1.5㎏で生まれた未熟児300人をDHAの豊富な母乳で育てるグループとDHAを含まない粉ミルクで育てるグループに分けて、子供が8歳になったときの知能指数を計測。


≪結果≫
DHAの豊富な母乳で育てた子供の知能指数の平均値 IQ103.0
DHAを含まない粉ミルクで育てた子供の知能指数の平均値 IQ92.8


を摂取した子供のほうが明らかに知能指数が高くなったんですね。


この結果は日本人の子供の知能指数が高いといわれることにも関係していて、魚をよく食べる日本人女性の母乳のDHA含有量は諸外国と比べてダントツに高かったというデータもあります。(今は大差ないと思います。)


DHAの脳を活性化させて記憶力を高める効果ですが、年齢は関係ないといわれます。DHAを摂取すれば速やかに脳神経に入って脳細胞を活性化してくれます。


人間の脳細胞は3歳ぐらいまでに完成して成人になると後は減っていくだけといわれており、20歳を過ぎるとどんどん減っていきますが、DHAは残った脳細胞を活性化してくれるため減少する脳細胞を補って記憶力や学習能力全般を高めてくれるものです。


そのため受験生や資格の勉強をしている社会人、頭を使う仕事に就いている人にとっては必須の栄養素といえるのではないでしょうか?