トップページ > ガン予防・転移を防ぐ > ガンの発生は摂取する脂肪酸に左右される。

ガンの発生は摂取する脂肪酸に左右される。

日本人の死因の第一位はご存じの通り、ガンです。昔の日本人もガンにはなってはいたんですが、胃癌が多く、今のように多種多様なガンに侵されるということは少なかったといわれています。


もちろん、ガンの発生原因はさまざまであり、遺伝的な要因も含まれているのは間違いないことだと思いますが、食生活が変わり、動物性脂質(飽和脂肪酸)やリノール酸の摂取量が急激的に増えて、それにともない増加しているのが大腸がんや乳がんなんです。


動物性脂質(飽和脂肪酸=常温で固体になる脂)を摂りすぎるとガンになるというのは有名ですが、植物油であってもオメガ6系列の脂肪酸(リノール酸)に分類されるものを多量に摂取すれば動物油と変わりなく、体にとって悪影響だということがわかっています。


(リノール酸をとりすぎるとアラキドン酸過剰になり、細胞をガン化させるプロスタグランジンなどの物質を生み出してしまう。)


リノール酸に代表されうオメガ6系列の脂肪酸がガンの発症率を引き上げるのだとしたらリノール酸の働きを相殺するDHAやEPAは当然ですが、逆にガンの発症率を抑制する方向に働きます。


そして実際にDHAやEPAといったオメガ3系列の脂肪酸がガンを抑制することは数多くの実験と検証により確認されています。