トップページ > ガン予防・転移を防ぐ > ガンの増殖や転移を防ぐ

ガンの増殖や転移を防ぐ

DHAやEPAなどのオメガ3系列の脂肪酸はガンを発症してからの懸念材料であるがん細胞の増殖や転移、あるいは再発も防止してくれるといいます。


考えらえる理由としては以下のものがあります。


・正常な細胞をガン細胞への変化増殖を促す「プロスタグランジンE2」の生成を抑制する
・「プロスタグランジンE2」を生産するアラキドン酸の量を減らす働きがある。
・細胞のガン化を促す活性酸素を体外に排出する働きが期待されている。
・オメガ3系列の脂肪酸にはガンの自殺(アポーシス)を促す力がある。


ガンの発生原因には遺伝的な要因があるのは間違いありませんが、これはそう簡単に変わるものではありません。やはり今の日本人のガンの発生状況をみるとここ数十年で大きく変わった食生活に問題があるといえると思います。


できるだけ普段の食事で魚を食べてオメガ3系列の脂肪酸を積極的に摂取するほうがガンにもならず、長生きできる秘訣になるのではないでしょうか。