トップページ > 中性脂肪を下げる > 中性脂肪を下げるEPAの効果

中性脂肪を下げるEPAの効果

EPAの効果として多分一番知られているのではないかと思うのが中性脂肪を下げる効果です。


EPAにはいわゆるメタボリックシンドロームを形成する4つの要素(高中性脂肪、高血圧、高血糖、肥満)すべての改善効果がありますが、なかでも中性脂肪を下げる効果には定評があり、同じオメガ3系脂肪酸のDHAと比べてもその効果は抜きんでているんですね。


具体的にEPAの中性脂肪に対する効果というのは、中性脂肪が腸から吸収されるのを抑える一方で肝臓での中性脂肪の合成および肝臓から分泌されるVLDL(中性脂肪を運ぶリポ蛋白質)の量を抑える働きがあります。


こうしたEPAの中性脂肪を下げる効果は日本では1994年に高純度のEPAが高中性脂肪血症の治療薬として認可されているように間違いないものですし、もっと身近なところだと2003年に「中性脂肪を低下させる作用」の表示が認可された特定保健用食品のEPAを含有した清涼飲料水の「イマーク」が販売されています。(詳細は後述)


中性脂肪値が150㎎/dlを超えると虚血系心疾患(心筋梗塞や狭心症)のリスクが増大するといわれていますから健康診断や人間ドッグ等で中性脂肪値が正常値を超えていた人は普段からEPAの摂取量を増やすことを意識するといいと思います。