トップページ > 中性脂肪を下げる > EPA600mg配合のイマークとは?

EPA600mg配合のイマークとは?

前述したイマークについての補足です。


イマークは2003年に「中性脂肪を低下させる作用」の表示が認められた特定保健用食品ということで中性脂肪の数値が高い人に結構人気があるみたいです。EPA600mg、DHA260mgを配合しているため厚労省が通達した1日1000㎎の8割を1本で摂取できます。


実験では、血中脂肪値が120~200㎎/dlの男女系101名を2グループに分けてイマークとオリーブ油配合飲料をそれぞれ12週間飲んでもらったところ、イマークを飲んだグループの中性脂肪値が摂取前に比べて35.3~37.8㎎/dl低下(低下率は19~20%)が確認されたみたいです。


ちなみに正常値の人が飲んでも副作用等の問題もないとか。中性脂肪の値が低い人がイマークを飲むことで正常値になるのかどうかはちょっとわかりません。コレステロール値も下げることができるのでメタボ対策にチャレンジしてみるのもいいかと思います。