トップページ >  DHA・EPAの基本知識 >  DHA・EPAの違い

DHAとEPAの違い・相違点を比較

DPA EPA
正式名称 ドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエン酸
分子構造 炭素が22個二重結合が6個 炭素が20個二重結合が5個
行き先 脳や網膜に選択的に取り入れられる 全身の細胞に取り入れられる
主な作用 痴呆症・がん抑制・抗炎症・脳細胞の活性化・視力改善 血圧降下・動脈硬化予防・高脂血症・中性脂肪を下げる
共通点 LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和 LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和
対象者 子供や妊婦さんに不可欠 生活習慣病予防に不可欠
含有量の多い魚 マグロ、ぶり、サバ、サンマ、うなぎ まぐろ、まいわし、サバ、ぶり、サンマ

EPAとDHAは同じオメガ3系列の脂肪酸であり、分子構造もよく似ています。


体に対する作用も、ともに血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持っています。(中性脂肪に対してはEPAの方が、コレステロールにはDHAの方が効果が高いといわれています。)


そんなEPAとDHAの最も大きな違いはDHAは脳の働きに欠かせない成分であり、脳の構成成分の1つであるということ。EPAが通過できない脳の血液脳関門をDHAは通過できるということにあります。


また、ほとんど魚を食べず慢性的なDHA/EPA不足だという人でも脳や網膜にはDHAがしっかり存在します。これは脳のDHAが不足しないように全身からEPAを集めてDHAに変換するという働きがあるからです。人体の仕組みからみるとEPAよりもDHAのほうが優先されているような感じはあります。


そんなEPAがDHAに負けていないのは、血小板凝集抑制効果(血栓を防ぐ)に優れているということ。DHAにも同じ効果がありますが、EPAほど高い効果はありません。


いずれによせEPAとDHAは一緒に摂取することで相乗効果をもたらすものです。どちらも酸化しやすい弱点があるためを持っています。ビタミンEなど抗酸化作用を持つビタミンと一緒に摂取するようにしてください。

【コラム】魚油(DHA/EPA)の健康効果

魚油(DHA/EPA)の健康効果が脚光を浴びるようになったのはデンマークのダイアベルグ博士が1960年代にデンマーク自治領であるグリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査がきっかけです。


「カナダやグリーンランドに住むイヌイットなど魚やアザラシを主食とする人々には肉食中心のデンマーク人に比べて動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの心疾患にかかる人が少ない」


その理由を明らかにするための調査だったわけですが、その後に行われた医学的な調査の成果もあり、魚やアザラシに含まれるオメガ3系列の脂肪酸(EPA・DHA)こそ最大の要因だということがわかりました。


DHA・EPAのうち研究が先に進められたのはEPAのほうでした。1960年代にはその存在が確認されて研究がはじめられ、世間一般に知られだしたのは70年代からです。一方のDHAに脚光が当たるようになったのは80年代も後半になってから「頭がよくなる成分」として発表されました。


DHA・EPAに対してDHAの研究がおよそ10年ほど遅れているわけですが、その理由としてはEPAのほうがDHAより抽出する作業も費用も安く済んだからだとか。他にも説があるようでしたら教えてください。


こうした事情もあってか研究や実験データが蓄積されているのはEPAのほうです。


医薬品として利用されているのもEPAということもありますし、血栓を防ぎ、動脈硬化予防する効果というのがEPAによるところも大きいこともあって専門家がいう魚が体にいい理由というのはDHAを摂取できるからというよりEPAが摂取できるからという理由であることが多いです。


ただ、ここ最近ではDHAの痴呆症への効果やガンの再発・増殖抑制効果、抗炎症への効果などが次々とわかってきているため専門家のDHAに対する期待も日増しに高まっているところです。