トップページ > DHA・EPAの違い > DHAとEPAの違い・相違点を比較

DHAとEPAの違い・相違点を比較

DPA EPA
正式名称 ドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエン酸
分子構造 炭素が22個二重結合が6個 炭素が20個二重結合が5個
行き先 脳や網膜に選択的に取り入れられる 全身の細胞に取り入れられる
主な作用 痴呆症・がん抑制・抗炎症・脳細胞の活性化・視力改善 血圧降下・動脈硬化予防・高脂血症・中性脂肪を下げる
共通点 LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和 LDLコレステロール低下・血栓を防ぐ・アレルギー緩和
対象者 子供や妊婦さんに不可欠 生活習慣病予防に不可欠
含有量の多い魚 マグロ、ぶり、サバ、サンマ、うなぎ まぐろ、まいわし、サバ、ぶり、サンマ

EPAとDHAは同じオメガ3系列の脂肪酸であり、分子構造もよく似ています。


体に対する作用も、ともに血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持っています。(中性脂肪に対してはEPAの方が、コレステロールにはDHAの方が効果が高いといわれています。)


そんなEPAとDHAの最も大きな違いはDHAは脳の働きに欠かせない成分であり、脳の構成成分の1つであるということ。EPAが通過できない脳の血液脳関門をDHAは通過できるということにあります。


また、ほとんど魚を食べず慢性的なDHA/EPA不足だという人でも脳や網膜にはDHAがしっかり存在します。これは脳のDHAが不足しないように全身からEPAを集めてDHAに変換するという働きがあるからです。人体の仕組みからみるとEPAよりもDHAのほうが優先されているような感じはあります。


そんなEPAがDHAに負けていないのは、血小板凝集抑制効果(血栓を防ぐ)に優れているということ。DHAにも同じ効果がありますが、EPAほど高い効果はありません。


いずれによせEPAとDHAは一緒に摂取することで相乗効果をもたらすものです。どちらも酸化しやすい弱点があるためを持っています。ビタミンEなど抗酸化作用を持つビタミンと一緒に摂取するようにしてください。