トップページ > オメガ3系脂肪酸のDHA・EPA > 生活習慣病の原因はオメガ3系列の脂肪酸の摂取量が減ったから

生活習慣病の原因はオメガ3系列の脂肪酸の摂取量が減ったから

戦後、日本の食生活が欧米化したといわれていますが、これを栄養学的にもう少し詳しい解説を加えると「毎日の食事から摂取する油(脂質)の種類が変わった」ということなんです。


牛肉や豚肉など肉食が食卓に並ぶようになったのはもちろんですが、昭和30年代に入って日本では食生活改善普及委員といわれる保健所の栄養士や保健婦の団体がフライパンで油料理をつくりましょうという「フライパン運動」が始まりました。


これにより、「炒める」「揚げる」という調理方法が加わり、日本人の食卓に大きな革命が起きました。


このフライパン運動によって新しい食文化が花開くなどいいこともあったのですが、健康面にかんしてはそれまで日本人にはみられなかったガン、アルツハイマー、アレルギー、心筋梗塞、動脈硬化を増やしてしまう結果になりました。


かつての日本人の死因第一位は高血圧による脳卒中(脳出血)でした。それがいまやガンになり、このガンも日本人のガンといえば胃癌がメインだったのですが、現在は欧米型ガンといわれる肺がん、乳がん、大腸がん、前立腺がん、膵臓がん、皮膚がん、食道がんがほとんど。


ガンには遺伝的要因と環境的要因の2つの要因がありますが、遺伝的要因は数十年程度ではそれほど変化しないことを考えると、明らかに食生活が変わり、日常摂取する油脂の種類と摂取量が急増したことが原因なのは間違いないんですね。


具体的にいえば飽和脂肪酸(牛脂・ラード・バター・チーズ・卵黄)やリノール酸(紅花油・コーン油)が増えて、オメガ3系の脂肪酸(シソ油・アマニ油・魚油) が激減してしまっているということです。