トップページ >  主にEPAの健康効果 >  血栓を防ぐ血液サラサラ効果

血栓を防ぎ、血液をサラサラにするEPAの効果

そもそもDHA・EPAの調査、研究が行われたのはなぜ欧米人以上に肉食であるイヌイット達に心筋梗塞や脳梗塞が少ないのか?というのが原点です。


そしてその後の医学的な調査もあってイヌイット達は血中の脂質バランスが同じ肉食の欧米人達とは大きく異なり、血中のEPA濃度が桁外れに高いことがわかったわけです。


このEPAの特徴ですが主に血中の脂質バランスを改善してくれます。具体的には血液中の総コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールといわれるHDLを増加させることで動脈硬化を防いでくれます。


特にEPAが優れているのは中性脂肪を下げる効果とドロドロの血液をサラサラに改善して血管のなかに血栓をつくらせない(血小板凝集抑制)効果です。


血液をサラサラにして血液の流れをよくしてくれる成分にはそれこそ、DHAもありますし、ナットウキナーゼや酢酸(クエン酸)、タウリンなどがありますが、EPAには血栓をつくらせない(血小板凝集抑制)成分が多く含まれており、血栓を防ぐ効果はEPAがダントツに高いことがわかっています。


もうひとつEPAのサラサラ効果を付け足すとそれは「赤血球を柔らかくすることができる」ということ。


赤血球はとてもやわらかい構造をしており、形を変えて末梢の毛細血管まで行き届くように本来はなっているんですが、動物性脂質を摂りすぎていたり、リノール酸過剰だと赤血球が硬くなりそのため末梢の毛細血管にまで血液が行き届かなくなってしまいます。


こんなときもEPAを摂取することで赤血球を固くする原因である余分なアラキドン酸が追い出されてEPAに置き換わるため赤血球が柔らかくなり、血流が改善されるようになるわけです。

血液のサラサラ度は「アラキドン酸(AA)/EPA」でわかる!

EPAの血液サラサラ効果を知るうえで知っておかなくてはいけないのがアラキドン酸です。


動物性脂質やリノール酸過剰が現代人の血液ドロドロ状態をつくっているわけですが、リノール酸過剰によって細胞膜の脂質バランスがアラキドン酸偏重になってしまうのが主な原因なんですね。


アラキドン酸そのものは体にとって必要不可欠な働きをしてくれるんですが、問題は過剰に増えて「アラキドン酸(AA)/EPA」のバランスが崩れてしまうことにあります。今の日本人はこの「アラキドン酸(AA)/EPA」が5:1か6:1、ひどい人だと10:1ぐらいになっているそうです。


このバランスでは、アラキドン酸の悪さばかりがでてきてしまい、血栓がつくられやすくなったり、悪玉の生理活性物質が多量に生み出されるようになるため動脈硬化やうつ病、アレルギー、関節リウマチ、高脂血症などにつながってしまうわけです。


「アラキドン酸(AA)/EPA」の日本人にとっての理想バランスは1:1程度だといわれます。


この割合であればアラキドン酸が暴走することもなく、EPAと絶妙なさじ加減で相反する生理物質を生み出し、血行もスムーズに保たれるため生体機能をうまく調整していけます。


血栓の防止や血液をサラサラにするために魚を食べて積極的にEPAを摂取するのは大切ですが、同時にアラキドン酸の原料であるリノール酸の摂取量も減らさないと血中の脂質バランスがとれないということです。

農民と漁民の血液サラサラ比較の結果は?

血液がドロドロだと血栓ができやすくなり、血管が詰まります。


脳で詰まれば脳梗塞ですし、心臓で起これば心筋梗塞になるます。いずれも命にかかわるものですし、一命を取り留めたとしても何らかの障害や後遺症が残ってしまうことも珍しくありません。


だから血液をサラサラに保つことが大事なんです。また、血液の粘度が高いほど血行が悪くなることもあって血圧も高くなります。まさにいいことなしとはこのことです。


ここで1つ面白い調査を紹介しておきます。


千葉の農村と漁村の住民を対象に血液のサラサラ度を調べたというものなんですが、予想通りで魚の摂取量が多かった漁村の住民のほうが血液の粘度が低く、また、赤血球の柔軟性もあったそうです。


また、健康な成人に漁村住民と同じ量の魚油を4週間摂取してもらったところ赤血球の柔軟性、血液の粘度ともに「改善されたということです。


また農村住民と漁村住民のあいだで両者の血小板がどのくらいの濃度で凝集(固まるか)と比較も行ったところ漁村住民の血小板の固まりやすさは農村住民の1/3程度だったそうです。


普段から魚油(EPA)を摂取しているかいないかで明らかに血栓の作られやすさが違うということがこうした実験や検証からわかっているんですね。それからこれは追加情報ですが、イヌイット達は出血すると血液がサラサラすぎてなかなか血が固まらず止まらないそうです。


EPAを摂りすぎると血が止まらなくなるということを気にする人もいると思いますが、日本人とイヌイットではEPAの摂取量が違いすぎますし、食を取り巻く環境が違いすぎます。イヌイットと同じ食事をするというのであれば話は別ですが、日本においてイヌイット同じ血中脂質になることはまずないので気にすることはないと思います。