トップページ > 血栓を防ぐ血液サラサラ効果 > 血栓を防ぎ、血液をサラサラにするEPAの効果

血栓を防ぎ、血液をサラサラにするEPAの効果

そもそもDHA・EPAの調査、研究が行われたのはなぜ欧米人以上に肉食であるイヌイット達に心筋梗塞や脳梗塞が少ないのか?というのが原点です。


そしてその後の医学的な調査もあってイヌイット達は血中の脂質バランスが同じ肉食の欧米人達とは大きく異なり、血中のEPA濃度が桁外れに高いことがわかったわけです。


このEPAの特徴ですが主に血中の脂質バランスを改善してくれます。具体的には血液中の総コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールといわれるHDLを増加させることで動脈硬化を防いでくれます。


特にEPAが優れているのは中性脂肪を下げる効果とドロドロの血液をサラサラに改善して血管のなかに血栓をつくらせない(血小板凝集抑制)効果です。


血液をサラサラにして血液の流れをよくしてくれる成分にはそれこそ、DHAもありますし、ナットウキナーゼや酢酸(クエン酸)、タウリンなどがありますが、EPAには血栓をつくらせない(血小板凝集抑制)成分が多く含まれており、血栓を防ぐ効果はEPAがダントツに高いことがわかっています。


もうひとつEPAのサラサラ効果を付け足すとそれは「赤血球を柔らかくすることができる」ということ。


赤血球はとてもやわらかい構造をしており、形を変えて末梢の毛細血管まで行き届くように本来はなっているんですが、動物性脂質を摂りすぎていたり、リノール酸過剰だと赤血球が硬くなりそのため末梢の毛細血管にまで血液が行き届かなくなってしまいます。


こんなときもEPAを摂取することで赤血球を固くする原因である余分なアラキドン酸が追い出されてEPAに置き換わるため赤血球が柔らかくなり、血流が改善されるようになるわけです。