トップページ >  DHA・EPA共通の効果 >  生理痛を緩和する

生理痛の原因「プロスタグランジン」を抑制するDHA・EPA

男性には全く分からない女性の生理痛の辛さ。なかには激痛?のあまり失神する人もいるとかでそれはそれは大変な思いをしている人も多いみたいです。


こんなつらい生理痛を引き起こす原因は、プロスタグランジンという成分が原因です。


このプロスタグランジンは、"子宮収縮"ホルモンといわれるように、子宮を強く収縮する作用があるものです。なぜ子宮を強く収縮する必要があるかというと子宮内膜をはがして生理の血液を子宮から押し出す必要があるからです。


もともと子宮は血流がよくないこともあって生理の血液を外に押し出すためには子宮を強く収縮させなければなりません。なので、この影響から腹痛が起こるわけですが、冷え症などで血行が悪かったりするとより多くのプロスタグランジンを分泌させて、血流のよくない子宮を強く収縮させないといけないため痛みもひどくなりますし、痛みが続く期間も長くなります。


その結果、強烈な痛みに襲われるということがでてくるわけなんです。


実際に生理痛のひどい人とほとんどないという人を比べると明らかにプロスタグランジンの量が違うということが確認されているそうです。特に、プロスタグランジンE2という成分の分泌量の多い女性は生理痛がひどくなるといわれています。


そんな生理痛の原因であるプロスタグランジンですが、DHA・EPAにはプロスタグランジンの働きを抑制する効果があるといわれています。それゆえ生理痛を緩和するといわれているんですね。

摂取している油(脂質)が生理痛の原因かもしれません。

過剰なプロスタグランジンが激しい生理痛の原因です。生理痛の重さは個人差があるといいますが、その個人差というのが子宮を激しく収縮させるプロスタグランジンの分泌量の量ということなんですね。


生理痛が激しいプロスタグランジンに共通する傾向としては以下の2つ。


・脂肪過多(甘いものを食べすぎている)
・冷え症である


特に問題なのが脂肪過多で、女性は普段食べているサンドウィッチや甘いもの全般(菓子パンやケーキ、チョコレートなど)から過剰に油を摂りすぎていることです。過剰に摂取した油は中性脂肪として蓄積されますし、この蓄積された脂肪こそ、プロスタグランジンの原料になります。


また脂質バランスの乱れた状態は、本来ならプロスタグランジンE2が引き起こす炎症を抑える働きをしてくれるプロスタグランジンE1、E3の生成を増やすγ-リノレン酸や魚油(DHA・EPA)の働きを邪魔してしまうので、痛みが抑制できない状態になってしまいます。


普段の脂肪酸の摂取方法が生理痛の大きな原因になっているかもしれないってことなんですね。


健康のカギを握るとともに生理痛緩和のカギを握るのも細胞膜中の脂肪酸のバランスになります。この脂肪酸のバランスが調整することが生理痛の緩和につながるのは間違いなくそのために重要になるのがDHA・EPAということです。


生理用の痛み止めを利用している方もいると思いますが、身体に良い影響を与えないといいますし、使用期間が長くなるにつれて耐性ができて効かなくなってくるという話も聞くので、摂取する油(脂質)を変えて体質を変えるということも考えてみてほしいと思います。