トップページ > 生理痛を緩和する > 生理痛の原因「プロスタグランジン」を抑制するDHA・EPA

生理痛の原因「プロスタグランジン」を抑制するDHA・EPA

男性には全く分からない女性の生理痛の辛さ。なかには激痛?のあまり失神する人もいるとかでそれはそれは大変な思いをしている人も多いみたいです。


こんなつらい生理痛を引き起こす原因は、プロスタグランジンという成分が原因です。


このプロスタグランジンは、"子宮収縮"ホルモンといわれるように、子宮を強く収縮する作用があるものです。なぜ子宮を強く収縮する必要があるかというと子宮内膜をはがして生理の血液を子宮から押し出す必要があるからです。


もともと子宮は血流がよくないこともあって生理の血液を外に押し出すためには子宮を強く収縮させなければなりません。なので、この影響から腹痛が起こるわけですが、冷え症などで血行が悪かったりするとより多くのプロスタグランジンを分泌させて、血流のよくない子宮を強く収縮させないといけないため痛みもひどくなりますし、痛みが続く期間も長くなります。


その結果、強烈な痛みに襲われるということがでてくるわけなんです。


実際に生理痛のひどい人とほとんどないという人を比べると明らかにプロスタグランジンの量が違うということが確認されているそうです。特に、プロスタグランジンE2という成分の分泌量の多い女性は生理痛がひどくなるといわれています。


そんな生理痛の原因であるプロスタグランジンですが、DHA・EPAにはプロスタグランジンの働きを抑制する効果があるといわれています。それゆえ生理痛を緩和するといわれているんですね。